mainimg

着なくなった着物、どうしよう?

子供が生まれたとき、お宮参りに着ていく着物を買うことになりました。

私自身はレンタルでも問題ないと思いましたが、周囲に、こういうときに着る着物は必要だと圧力をかけられました。

ただ、手入れと保管やお手入れの負担をなんとかしようと努力してしたいと思っています。

自分でいうのも何ですが、長く着られる上等な着物を選んだのできちんと手入れし、保管やお手入れしなければならないのは織りこみ済みです。

でも、一枚の着物のために桐箪笥を買うとしても着物が一枚しか入っていないタンスを置く場所なんてありません。

七五三で着た後はごめんなさいをして、その後、着物の買い取りに出そうとひそかに考えています。

最近ではネットが大変発達しているため、かつてはわからなかったような情報もうろ覚えの記憶を頼りに検索し、入手できます。

知ってますか?でも、情報を精査するのは人間ですからね…。

それなりの値段のする着物買取などは、買取業者の評判についてよく調べ、信頼できそうな久屋やスピード買取.jpなどの業者に絞ってから、複数の会社の査定を受けるようにしましょう。

大切な着物ですから安い取引をしないためには、手間や時間がかかることは仕方ないですからね…。

手持ちの着物を売りたいとき、誰もが終始気にするのが自分が納得のいく価格で買い取ってもらえるかに決まっています。

相場があるのか、疑問に思うでしょうが、相場はあってないようなものです。

品質をはじめ、保管やお手入れ状態、丈や裄などの丈や裄によって、価格は一枚一枚違うのですよ~!!着物の価値をよくわかっている鑑定士に査定してもらうのがベストですからね…。

久屋やスピード買取.jpなどの業者のほとんどは無料査定や相談を行っているので電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。

1 2 3 4 5 6

▲Pagetop